So-net無料ブログ作成

ブルーサクヤ通信 No.16 [BLUE SAKUYA]


※スマホからの閲覧の場合、レイアウトが崩れることがあります。
ページ下部の"PC版を見る"からご覧ください。

Season2018-19 No.16

☆★☆ 広島メイプルレッズに敗戦 ☆★☆
順位は5位へ転落 プレーオフまだ諦めない!!


いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

16日に行われた広島メイプルレッズ戦。プレーオフ進出を自力で決めるためには絶対に落とせない戦い、チャンスは再三作るも相手GKに尽く阻まれ残念ながら敗戦。順位は5位となっています。
今週末はHC名古屋戦。今シーズン2敗してしまっている相手に勝つことはできるか?引き続きBLUE SAKUYAの応援よろしくお願いします。

今週の結果でBLUE SAKUYAはプレーオフ圏内の5位に転落、自力でのプレーオフ進出の可能性は断たれてしてしまいました。しかし4位三重との勝ち点差は僅かに1、残りは3戦、1つずつ勝ち続けて望みを繋げるしかありません。






【大城監督コメント】
プレーオフ進出に向けての重要な一戦。前半からディフェンスが機能しましたが、その後の速攻でミスを連発し、広島に大量リードを許してしまいました。後半に入り、連続得点で追い上げたが、要所のシュートをことごとく止められ、リズムに乗れず敗戦。残り3試合、プレーオフ進出のため、泥臭く、熱いプレーで全てを出し切り勝利を目指します。いつ何時も応援いただいている皆さん、残りの試合も変わらぬご声援、宜しくお願いします。



【安倍選手コメント】
勝たなければならない一戦だっただけに、勝てなかった事が本当に悔しかったです。残り3試合、このメンバーでやってきた事の集大成を表現し、プレーオフ進出を勝ち取りたいと思います。見ている人が思わず応援したくなるような、そんな試合をしたいです。



◇◆◇戦評◇◆◇

= 広島メイプルレッズ =
プレーオフ進出に向け負けられないメイプル戦は、BLUE SAKUYAがNo.6川村の得点で先制するも、序盤から両チームの堅守、GKの好セーブが続き、一進一退の攻防となる。しかし、BLUE SAKUYAは終盤に入り、オフェンスのミスからメイプルに速攻などで5連取を許し、6-10とリードを広げられ前半終了。後半に入ると、No.88ミンヒ、No.6川村、No.13北原らの得点で10分で1点差まで詰め寄る。しかし、これまで堅守を続けてきたDFを崩され、再び3点差に広げられる。BLUE SAKUYAも再三チャンスを作るも、メイプルの堅いディフェンス、GKの好セーブに阻まれ得点をあげることができず、14-20で敗戦となった。


試合前、地元奄美のエスコートキッズと記念撮影

先制点をあげた川村選手。この日5得点


~・~・~ 社会貢献活動 ~・~・~

試合翌日の17日は開催地奄美大島で地元高校生を対象にハンドボール講習会を行いました。奄美では17年ぶりの日本リーグの開催ということで沢山の方に参加していただき、選手たちも貴重な経験となりました。


講習会後は沢山の経験を受けれたと嬉しそうに話してくれました

見学に来た地元の子どもたちとも交流しました。


[Next Game]次戦の相手はHC名古屋

次戦は2月24日、HC名古屋が相手。今シーズン既に2敗していますが、今週は何が何でも勝たなければならない一戦です。ここで勝利し4位の三重にプレッシャーを与えたいところ。今週末もBLUE SAKUYAの応援よろしくお願いします。



【2月の試合カレンダー】



※画像クリックで拡大


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ