So-net無料ブログ作成

ブルーサクヤ通信 No.10 [BLUE SAKUYA]


※スマホからの閲覧の場合、レイアウトが崩れることがあります。
ページ下部の"PC版を見る"からご覧ください。

Season2018-19 No.10

★★ 日本リーグ再開 ★★
二連敗!! プレーオフ出場諦めない!!


いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

今週より日本ハンドボールリーグが再開されました。2019年初戦は、昨年末の日本選手権で勝利している王者北國銀行が相手。前半はほぼ互角の展開でしたが、後半に失速。6点差での敗戦となりました。翌日はオムロン戦。前半開始10分で6点差をつけられそのまま追いつけずに敗戦。日本リーグ後半戦、二連敗となりました。

今週でシーズンの試合の半分が終了し、現在5位。3月に開催されるのプレーオフ出場へまだまだ巻き返しのチャンスは残っています。引き続きBLUE SAKUYAの応援よろしくお願いします!!




【大城監督コメント】
リーグ中断後の2連戦、中断期間中に開催された日本選手権の良い流れをそのままにと意気込みましたが、攻守のコンビネーションが全く機能せず連敗となりました。もう一度初心に戻り、自分たちがやってきた事を信じ次の試合に臨みたいと思います。



【網谷選手コメント】※今週より怪我から復帰!!
たくさんの応援ありがとうございました。日本選手権で優勝したこともあり、私達の試合を楽しみにされていた方、本当に多かったと思います。その期待に応えることが出来ず悔しい気持ちでいっぱいです。自分達の良さを出せず苦しい試合展開となってしまいました。3月まで試合は続くのでここでまたチーム一丸となり次の試合に向けていい準備をして行きたいと思います。
次戦は必ず勝ちます!引き続き応援よろしくお願いします!



◇◆◇戦評◇◆◇

= 北國銀行戦 =
日本選手権決勝と同カードとなったこの試合、序盤は両者粘り強いディフェンスで一進一退の攻防が続く。試合が動いたのは15分、北國銀行に4連取を許し、7-11と引き離される。しかし、BLUE SAKUYA GKNo.1飛田の好守から着実に得点を重ね、11-12で前半を折り返す。後半、2点リードを追い付きたいBLUE SAKUYAだったが、なかなか差を縮めることができない。要所での三度にわたる退場者を出してしまい勢いに乗れず、ミスなどから連続得点を許す。20-26で敗戦となった。

= オムロン戦 =
BLUE SAKUYAのスローオフで試合開始。前半開始早々、相手GKの好セーブにBLUE SAKUYAは苦しめられる。逆に、オムロンに得点を重ねられ、開始10分で6点差と厳しい展開。BLUE SAKUYAはGKNo.16網谷の好セーブから、No.24角南のポストシュートで得点するが、点差は縮まらず。前半を6-12の6点差で折り返す。後半に入り、両チームなかなか得点が決まらず、互いに譲らない展開に。BLUE SAKUYAは堅い守備で、相手のミスを誘い速攻。No.6川村のナイスパスから得点を重ね、追い上げを見せるが及ばず。敗戦となった。



=/=/=/= 記録達成間近 =/=/=/=
安倍選手 通算200点まで残り12点


[Next Game]来週は熊本開催

来週は奈良県で大阪ラヴィッツと、熊本県でHC名古屋との試合。両日とも下位チームが相手、絶対に取りこぼしはできません!!

【1月の試合カレンダー】



※画像クリックで拡大


nice!(0)  コメント(0)